先行ってなにするの?のお話

最近当チームであーでは、
緊急クエストに野良で参加するということがほとんどなくなりました。
そんなわけで密かに私が進めている計画が、先行役の育成。

しかーし、先行といっても
ただ単純に一人で急いでMAPを突き進むのは違います。
かといって具体的に何をどうしたらいいのか?という部分を、
しっかり理解するにも、それなりの経験と知識が必要なわけです。
今回は比較的単純な戦道を例に学ぼう!のコーナーです。

エリア区分

まずは基礎知識のエリア区分からです。
四角く囲った部分が一つのエリアとなり、Eトラが発生したり雑魚が湧くわけです。
基本的には全体MAPを表示した時のA-1とかB-6とかの四角い区切りと一緒です。
例外的に4エリアつなげて1エリアになる地形が存在するくらいです。

戦道のMAPでは中央に大きな橋がかかった所ですね。


ここで一つおぼえて置いてほしい事は、普通の雑魚が湧く事と、
Eトラが発生してボスが出たりすることは別々に起こっているという事です。

ひとつのエリアで雑魚だけが湧くパターンと、
雑魚が湧いてかつEトラ発生するという事があるわけですね。

pso20170908_130839_001.jpg

さぁ早速最初のエリアでEトラが発生しました。
先行の役割は早くEトラを発生させて、早く処理するまでがお仕事になります。

この立ち位置は発生した場所から敵の群れを素通りして、
少し奥の方まで進んだ場所です。
出現した敵はみんなその場から後ろの方を向いた感じになります。

早くEトラを処理したいなら、見つけ次第前方の敵に殴りかかりたくなる所ですが
敵は最初に出現した場所に何度も沸きなおす性質があるので、
今見えている敵を倒したあと、新しく沸きなおす敵も巻き込める場所で戦うことが基本となります。
それがこの辺!

当然ゾンディール等で敵を集めて戦うのもこの辺。
クリアタイムを縮める目的の場合、
ゾンディールを使う場所は明確な正解が存在しているわけなんですね~。


一か所に集めて倒すことが出来ない敵のパターンとしては、
レナンガム・ガンナガム・アドオガル等の遠距離型エネミーが混ざった時です。
イザオガル等の走って近寄ってキックを繰り出すようなエネミーを、
遠距離型エネミーを殴るついでに倒すって感じです。

SSの場所よりももうちょっと奥に踏み込んでしまうと、
次のエリアに入っちゃいます。

そうすると同時にEトラが発生しないけど、雑魚だけが出てしまうわけですね。

pso20170908_130923_002.jpg

次のエリアは大体この真っ暗ガウ・オガキバルのEトラか、
ゴルドラーダ+カマキリの通常雑魚の沸きと重なるように、
ハルコタンエネミーの討伐Eトラが出る事が多いですね。

最初のエリアでEトラが出なかった場合は、最初の沸きを少し処理したら
そのままこのエリアに突入しちゃっても構いません。


pso20170908_130952_004.jpg

3個目のエリアはエスカダーカーが出るようになってましたねー。
一応討伐Eトラも発生しますが、今回ははずれ。

こんな風にエリア全域にエネミーが湧いても、
全部近接型ですね。ということは・・・、


pso20170908_130959_005.jpg

こんな風に次に向かうエリアの方へ移動して、適当に巻き込んで処理しましょう。
Tマシを使ってますが仮にソード等の近接武器でも同じです。
だって勝手に敵が寄ってくるわけですから。

こうして1エリア1エリア他のメンバーの戦闘状況を全体から見て、
耐久の高い敵と個別に戦闘しているメンバーのサポート等をしながら、
PT全体の戦闘行為がなるべく均等に終わるように調整します。

が、今回は重複して潰れるEトラも出ていないので、
PTなら全滅を待たずに次のエリアに進んでいいでしょう。

pso20170908_131229_007.jpg

さー、ポイントが増えてきたのでボス系のEトラが増えてきますよー。
今回はラグナス、ちょっと珍しいですね。
この辺のポイント帯はグンネとかデコルマリューズなんかが多かった気がします。

さぁこの写真ではラグナスを正面からではなく、横から殴ることによって
後方にジャンプする行動を通路のはじっこに向かって出すように仕向けています。
出会いがしらで正面から殴り続けると、次のエリアまで飛んでっちゃいますからね。

追いかけて行って雑魚がでて・・・Eトラがつぶれて・・・と大ロスです。

あくまで全体の進軍を早める事が目的ですので、
自分が最もダメージを出せる行動とかは関係ないですね。
少し遅れてくる仲間たちの火力を、集中させやすい状況さえ作れればOKなのです。



そしてここがちょっと大事
この辺りからNPCとの共闘でボスが出る事が増えてきますが、
ボスを倒した後って、NPCがしばらくついてきて、消えるまで結構間がありますよね?

このNPCが消えるくらいまでは次のEトラ準備中になります。
なのであえてゆっくりボスの箱でも割ってから次のエリアに進みましょう。

この待機中に次のエリアに走ることによって、
潜伏中のボスEトラを不発させ、雑魚だけを処理して進む距離が増えます。
それが野良なんかで最終エリアまで掛かったり、
丸一周以上したりが増えるメカニズムなのです。

pso20170908_131809_008.jpg

通常上手くエリアのフラグ管理をして進んだ場合、
この辺の飛んだ先で最終Eトラか、その直前のディーオ発生になります。
特に意識しないで進んでも、この先にある
4エリアぶちぬきの大橋エリアでグリフォンが出て終わりって事が多いと思います。


恐らく雑魚の処理に気を使ったり、次のエリアのEトラ発生を早めたりしても、
1エリアで短縮できるタイムは平均で10秒にも満たない僅かな差にすぎません。
それが一周およそ10エリア分で、
1分半前後になり、それが3週4週分積み重なって・・・最終的に5・6分チガウという事ですね。

やること自体は難しくないし、どんどん先を歩いていってイインダヨ!

Category: すずめ道場

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する